スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック 世界最小・最軽量※1 スタイリッシュなデジタル一眼カメラ デジタルカメラ LUMIX DMC-GF1 新色発売

世界最小・最軽量※1 スタイリッシュなデジタル一眼カメラ
デジタルカメラ LUMIX DMC-GF1 新色発売
毎日持ち歩けて写真もハイビジョン動画も楽しめ

jn100212-1-1.jpg
jn100212-1-2.jpg
リリース情報はこちら
Panasonic デジタル一眼カメラ GF1の情報はこちら

デジタルAVCマーケティング本部は、昨年9月に発売した世界最小・最軽量※1ボディで写真もハイビジョン動画も撮影可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ「DMC-GF1」の新色2色を3月12日から発売します。
GF1は、ミラーレス一眼の特長である小型・軽量ボディの利点を活かし、より日常的にデジタル一眼を持ち歩くという撮影スタイルを提案、また、「フルタイムライブビュー」、「おまかせiA※2機能」、「AVCHDLite※3動画」などで高い評価をいただき、カメラ愛好家の方から初心者の方まで幅広くご支持いただいています。
発売後お客様からカラーバリエーション追加の強い要望をいただき、撮影機会が増えて撮影意欲も一層高まる本格的な春の到来に合わせ、この度新色を追加発売します。
新色は、カメラファンの所有意欲をくすぐる金属色の「ブレードシルバー」、桜の季節にふさわしい「フェアリーピンク」の2色です。本製品の発売により、GF1Cのカラーは現在発売中のシェルホワイト、アーバンレッド、エスプリブラックと合わせて5色となります。
当社はカラー選択肢の多様化により、GF1をさらに様々なお客様にお求めやすい商品としていくことを目指すとともに、これらを通じて、新たなデジタル一眼市場の創造に引続き取り組んでまいります。
特長

1. 世界最小・最軽量※1でスタイリッシュなデジタル一眼カメラ
2. AVCHD Lite※3動画でテレビ・レコーダー等のAV機器と簡単連携
3. 進化した「おまかせiA※2」「マイカラーモード」で簡単撮影もこだわり撮影も可能

※1 2010年2月12日現在。フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラのボディとして
※2 おまかせiAモードは、全ての環境下での効果を保証するものではありません。
※3 「AVCHD Lite(ライト)」は、ソニー株式会社とパナソニック株式会社が策定した高精細なデジタル・ハイディフィニション(HD)映像を記録・再生するHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD(エイブイシーエッチディー)規格」のうち、720P方式のHD映像記録に限定したAVCHD規格のサブセットです。このための新たなロゴ「AVCHD Lite」が策定され、AVCHDビデオカメラ・カテゴリーの機器に限定してライセンスが開始されています。また、新たにAVCHDビデオカメラ・カテゴリーにデジタルカメラが追加されました。
【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120‐878-365(受付9時~20時)
06-6907-1187(受付9時~20時)
ホームページURL: http://lumix.jp/

Panasonic ネットワークカメラ MPEG4&JPEG 屋外タイプ BB-HCM531


1. 天下一品
2. 新島襄
3. イッツインターナショナル
4. 矢野顕子
5. #ac954
6. ブンブンサテライツ
7. 河相我聞
8. au android
9. 極嬢ヂカラ
10. we are the world 25 for haiti 歌詞
スポンサーサイト

パナソニック 「3つの目」R・G・B各色専用センサーの新・3MOSで高画質を実現 高画質デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-TM700を発売

「3つの目」R・G・B各色専用センサーの新・3MOSで高画質を実現
高画質デジタルハイビジョンビデオカメラHDC-TM700を発売
世界初(※1)の1080/60p記録で速い動きもクッキリ

jn100210-1-1.jpg
リリース情報はこちら
デジタルAVCマーケティング本部は、デジタルハイビジョンビデオカメラの新製品「HDC-TM700」を3月10日より発売します。

「TM700」はR(赤)・G(緑)・B(青)の光の3原色をそれぞれ取り込む各色専用センサーを搭載した新・3MOSにより高精彩で色再現性に優れた映像を実現しました。また世界初(※1)の 1080/60p記録が可能になり、従来の1080/60i記録に比べて映像の情報量が2倍になりました。これにより速い動きの被写体もくっきりと撮影できるようになったほか、1080/60iでは発生しがちな、ななめ方向のノイズが出にくく、なめらかで奥行き感のある映像表現が可能です。さらには低照度撮影時のノイズを大幅に低減、色ノイズは5分の1(※2)となり、夜景や屋内撮影など暗いところでも高画質な映像が可能になりました。またフルマニュアルで、お好みに応じた撮影を実現するマニュアルリングやビューファインダーの搭載、屋外での撮影時に風の音だけを抑えて本来録っておきたい音を残すことのできる風音キャンセラー機能など、多彩な機能を充実させました。

当社は本商品を最高画質とこだわりの撮影を実現したハイエンドモデルとして幅広いユーザーへご提案してまいります。
特長

1. 赤・青・緑の各色センサー搭載の新・3MOSで高画質を実現
● 世界初(※1) 1080/60p記録で速い動きもクッキリ撮れる
2. 暗いところでもノイズを抑えてキレイ
● 低照度撮影時の色ノイズを約5分の1(※2)に抑える
3. 広角からズームまでハイビジョン画質のままキレイ

※1: 2010年2月10日現在、民生用AVCHD規格対応ビデオカメラとして。尚、1080/60p記録モードは独自方式。
※2: 当社従来機種 HDC-TM350比
【お問合せ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
06-6907-1187(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/dvc/
【開発の背景】

ビデオカメラ市場において、ハイビジョンタイプの構成比が高まるにつれ、さまざまなハイビジョンビデオカメラが開発されています。当社では従来より、テレビ放送用のカメラと同様の仕組みで、赤・青・緑の光の3原色を専用で処理する3つのセンサーを使用した3CCD、3MOSを開発し、高精細で、色再現に優れたビデオカメラとして評価をいただいてまいりました。この度、当社はさらに高画質を追求し、新・3MOSを搭載した最高画質モデルとして「HDC-TM700」を発売します。

本モデルは世界初(※1)の1080/60p記録が可能になり、スポーツの撮影など動きの速い被写体でもクッキリと残すことができるようになりました。また低照度撮影時に発生する色ノイズを従来比約5分の1(※2)まで削減、夜景や部屋の中など暗いところでもノイズを抑えてキレイに撮れるようになりました。

当社は最高画質モデルとして本商品を発売し、高画質のハイビジョンビデオカメラ市場を牽引してまいります。
【特長】
1.赤・青・緑の各色センサー搭載の新・3MOSで高画質を実現

本製品はテレビ放送局用のプロ用ビデオカメラと同じ3つのセンサーの3MOSを搭載しました。3MOSは映像をR(赤)・G(緑)・B(青)の光の 3原色をプリズムで正確に分け、それぞれの色を専用の3つのセンサーで処理しています。これにより、被写体の色彩をきめ細かく忠実に記録することができます。
またハイビジョンムービーに求められるより高い画質性能を実現するため、センサーには305万画素の1/4.1インチセンサーを3枚搭載し、総画素数は 915万画素(305万×3)、動画有効画素数は759万画素(253万×3)を実現し、より解像度の高い、緻密な高画質映像を実現しました。

●世界初(※1) 1080/60p記録で速い動きもクッキリ撮れる
また3MOSの進化により、世界初(※1)の 1080/60p記録が可能になりました。1080/60p記録では従来の1080/60i記録に比べて映像の情報量が2倍となるため、スポーツの撮影時など速い動きの被写体でもちらつきを減らし、くっきりと撮影できるようになりました。さらに1080/60iでは発生しがちな、ななめ方向のノイズが出ませんので、被写体をよりなめらかに撮影でき、さらには奥行き感のある映像表現が可能になりました。

【1080/60pと1080/60iの比較イメージ】
2.暗いところでもノイズを抑えてキレイ

●低照度撮影時の色ノイズを5分の1(※2)に抑える
新開発のHDクリスタルエンジンプロによる高演算処理と、大口径レンズの採用により、低照度撮影時のノイズを大幅に低減。色ノイズを従来より5分の1(※2)まで減らし、キレイな映像を実現しました。また3MOSの特長である色の正確な再現性を暗いところでも発揮します。これにより、夜景や室内での撮影など、暗いところでもキレイに撮影することができます。
3.広角からズームまでハイビジョン画質のままキレイ

●超解像技術でiAズーム18倍を実現
新開発のHDクリスタルエンジン・プロを搭載し、輪郭部や細かい部分、変化の少ない部分を特定し、それぞれの部分に応じた最適な画像処理を行う超解像技術を実現しました。これまでは光学式ズームを超えるとデジタルズームのため画質が劣化していましたが、この超解像技術により、本製品は18倍までズーム倍率を上げてもハイビジョン画質を保つことのできるiAズームが可能になりました。これにより運動会で遠くにいる自分の子供を撮影するときなど、ズーム倍率を上げてもクッキリとした解像感の高いキレイな映像を実現しました。

【超解像技術】

●広角35mm(※3)で狭い場所でも広く撮れる
本製品では広角35mmレンズを搭載。従来モデルよりタテ、ヨコともに約1.3倍(※2)まで広い範囲をカバーできるので、部屋の中での撮影など後ろに下がれない場面でも、これまでよりも広く撮影できるようになりました。
また別売のワイドコンバージョンレンズ(VW-W4607H-K)を取り付ければ、さらに広角の24.5mmでの撮影が可能です。ワンタッチで取り外しのできるワイドエンドコンバージョンレンズ(VW-WE08H-K)でも28mmの広角での撮影が可能になり、より奥行きがあり迫力のある撮影ができるようになりました。
※3: 35mm換算
4.ズーム時でも手ブレを抑えてキレイに撮れる

●新・手ブレ補正(POWER O.I.S)で、歩き撮りはもちろん、ズーム時のゆっくりした揺れまでしっかり抑える
手ブレはズーム倍率が上がるにつれ目立つようになります。新・手ブレ補正では、ジャイロセンサーを一新することで、さらに微細な手ブレを検出できるようになり、より手ブレ補正の精度を上げることが出来るようになりました。検出された手ブレは新しいLSIの高度な演算処理により抑えられ、これまで以上に精密な手ブレ補正を実現しました。特にこれまでは抑えきれなかった呼吸したときなどに起きるゆっくりとした手ブレにも対応し、ゆっくりとした手ブレの補正効果はこれまでの約5倍(※2)になりました。
これにより、歩き撮りなどワイド側での撮影時はもちろんのこと、ズーム時もさらに手ブレを抑えることができるようになりました。iAズームと新・手ブレ補正により、高倍率でズームをあげても手ブレを抑え、これまでにないキレイな画質での撮影が可能になりました。

5.フラッグシップ機としての多彩な機能の充実

●マニュアルリングでフルマニュアルの操作が可能
マルチマニュアルリングとタッチパネルを操作してズーム、フォーカス、アイリス、シャッタースピード、白バランスなどの調整をマニュアルで操作することができます。これにより、お好みに応じてこだわりの映像作品を作成できます。

●ビューファインダー搭載で、動く被写体を追いやすい
非常に日差しの強い屋外で液晶モニターが見にくい場所や、学芸会や遊園地のアトラクションなどの液晶モニターの光が邪魔になる場所では液晶モニターを閉じて、ビューファインダーを使って撮影することができます。
また撮影をしながら被写体を追いかけるときにも適しており、運動会などで走っているお子さんを撮影するときなどに便利です。

●風音キャンセラーで風の音だけ抑えてキレイに録れる
従来のムービーでは風がマイク部に当たったときに発生する音を記録してしまい、再生したときに、記録した人の声や音が聞こえにくくなってしまうことがありました。
本製品には風音キャンセラー機能を搭載し、マイクに集音される風雑音の成分を抽出して逆位相の成分を生成することで風雑音の成分を打ち消します。これにより、風雑音を大幅低減し、人の声や周囲の音など残したい音をしっかり残すことができます。屋外など、風のある場所での撮影に便利な機能です。
6.世界最大容量(※1)96GB内蔵メモリー搭載

本製品では軽量コンパクトで壊れにくく、また消費電力量が少なくバッテリーの持続時間が長い内蔵メモリーを記録メディアに採用し、よりアクティブに外出時などに持ち出しができるようになりました。ムービー内蔵として世界最大容量(※1)の96GB内蔵メモリーを搭載。これによりフルハイビジョン1920記録で最大41時間10分(※4)の長時間記録を実現し、海外旅行などの長期間にわたる撮影にもご利用いただけます。さらに新規格のSDXCカードにも対応しておりますので、別売の64GBのSDXCカードを使用すれば、リレー録画機能により連続68時間40分(※4)の1920フルハイビジョン撮影が可能です。


1. 高本陽一
2. ヤノマミ
3. 西野カナ
4. かりんの家
5. ジュラシックパーク
6. 岡田 解任
7. ロストワールド
8. ヘイポー
9. 龍吟
10. 日比野克彦

キヤノン 高倍率14倍ズームレンズとハイビジョン動画撮影機能を搭載した“SX210 IS”など デジタルカメラPowerShotシリーズの新製品3機種を発売

高倍率14倍ズームレンズとハイビジョン動画撮影機能を搭載した“SX210 IS”など
デジタルカメラPowerShotシリーズの新製品3機種を発売

sx210is.jpg
リリース情報はこちら
キヤノンは、コンパクトボディに高倍率14倍ズームレンズとハイビジョン動画撮影機能を搭載した“PowerShot SX210 IS”など、デジタルカメラPowerShotシリーズの新製品3機種を2月19日より順次発売します。
* PowerShot SX210 IS オープン価格 (発売日:2010年3月中旬)
* PowerShot A3100 IS オープン価格 (発売日:2010年2月19日)
* PowerShot A495 オープン価格 (発売日:2010年2月19日)
“SX210 IS”は、コンパクトボディに14倍の高倍率ズームレンズと充実したハイビジョン動画撮影機能、高精細1,410万画素CCD、3.0型ワイド液晶モニターなどの高機能を凝縮したモデルです。定評のある「こだわりオート」が、簡単にきれいなフラッシュ撮影ができる新機能「ぴったりフラッシュ」を加え、さらに進化しています。また、動画撮影時もカメラがシーンを自動判別し、最適な画像処理を行う「こだわりムービー」を新たに搭載しており、美しい動画を手軽に撮影できます。
■広角から望遠まで対応し、様々な場面で活躍する14倍ズームレンズ

28-392mm※の幅広い撮影範囲に対応し、パーティーでの記念撮影や運動会での子供の顔のアップなどさまざまな場面で活躍する、14倍ズームレンズを搭載しています。キヤノンの光学技術の粋を結集した新規鏡筒設計により、従来機種「SX200 IS」(2009年3月発売)に対し、ズーム倍率を12倍から14倍へと高めながらも、カメラ本体で約5.7mmの薄型化と約32gの軽量化を達成しています。
■充実のハイビジョン動画撮影機能

1,280×720画素の高解像度と高品位なステレオ音声記録により、美しく臨場感のあるハイビジョン動画撮影を実現しています。ズーム駆動の静音化により、動画撮影中も光学ズームが使えます。また、撮影シーンを判別し最適な設定と画像処理を自動的に行う「こだわりムービー」、静止画撮影中でもチャンスを逃さず素早く動画撮影を開始できる「ムービーボタン」、歩きながら撮影する際の大きな手ブレを効果的に抑制する「ダイナミック」モードを搭載しており、簡単に美しい動画を撮影できます。さらに、HDMIミニコネクターを搭載しており、HDMIケーブル(別売)を使って大画面テレビに接続することで、高画質なハイビジョン動画や静止画の再生を楽しむことができます。

* ※ 35mmフィルム換算。

【デジタルカメラの市場動向】

2009年のデジタルカメラの出荷台数(全世界)は、2008年後半に始まった景気減速の影響を受け、対前年比約8%減の約1億500万台に留まりました。2010年は対前年比約5%増の約1億1,000万台程度になることが予想されます。(キヤノン調べ)

Sanyo 撮影チャンスを広げるコンパクトスリムなデュアルカメラ「Xacti」

撮影チャンスを広げるコンパクトスリムなデュアルカメラ「Xacti」
1400万画素写真が撮れるフルハイビジョン※1 ムービーカメラ

100127-2-a.jpg
リリース情報はこちら
品名:デジタルムービーカメラ
品番:DMX-CG110
 三洋電機は、一台でムービーと写真が撮れるデュアルカメラコンセプトをベースに、コンパクトながらフルハイビジョンムービーと高精細写真撮影が可能な「DMX-CG110」を2010年2月下旬より発売いたします。
 Xactiシリーズは、イベント記録だけでなく、普段から手軽に持ち歩けて、ムービーも写真も自由に撮影できるカメラの提案により、より楽しいビデオライフの創出を目指してまいりました。また、単なる撮影・観賞・保存のためのツールとしてではなく、撮影後のテレビでの観賞をはじめ、ネットやパソコン環境での取り扱いに便利なムービーフォーマットの採用により、Webでの動画配信、共有サービスなどの利用に便利な商品として、撮影後の新しい楽しみ方も同時に提案し、市場で高い評価をいただいております。
 このたび、フルハイビジョンムービーを手軽に利用でき、デジカメとしても十分なスペックをコンパクトボディーに搭載した商品を導入いたします。イベント記録をはじめ、日常の一コマをスナップ感覚で手軽できれいに撮影できるツールとして提案いたします。
特長

* フルハイビジョンムービー&高精細1400万画素写真撮影に対応
* 遠景もらくらくズームアップ 新開発12倍 「ダブルレンジズーム」※2機能
* いつでも手軽に使えるコンパクト&スタイリッシュスリムボディ

※1
当社のデジタルムービーカメラにおける「フルハイビジョン」とは、水平1920×垂直1080画素での記録を表しています。
※2
写真撮影時のズーム倍率は最大5倍です。

Ⅰ.概要

 国内におけるビデオカメラ市場は、2008年度:約160万台、2009年度微増といった状況が続く中、ハイビジョンモデルの構成比は、2008年度:約70%、2009年度:約90%(いずれも当社予測)と大幅な伸びが見込まれます。当社では、ハイビジョンモデルが拡大する中、一般的なビデオカメラの主な使用目的であるイベント記録に対し、より携帯性を重視したコンパクトサイズやパソコンやネット環境と高い親和性を持つムービーフォーマットの採用により、日常的にご使用いただけるムービーカメラの提案を行っております。
 今回、それらの特徴を踏襲しつつ、より写真性能をアップさせることで、利用シーンをより広げるデュアル カメラ Xacti 「DMX-CG110」を発売致します。
II.特長
1.フルハイビジョンムービー&高精細1400万画素写真撮影に対応

 コンパクトなボディーでありながら、1920×1080画素のフルハイビジョンムービーと1400万画素の高精細写真撮影が可能です。セットの小型化と高画質化を両立させるため、高速映像処理エンジン「プラチナΣ(シグマ)-Ⅲ」を新たに開発。CMOSイメージセンサーとの最適化を図るとともに、映像処理アルゴリズム・アーキテクチャーの見直しやノイズリダクションなど信号処理系の最適化と低消費電力化を行いました。

 ムービーフォーマットには、静止画と同じ1ファイル形式でパソコンやネット環境で使いやすい「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。本フォーマットは、昨年発売された最新Windows® OS「Windows 7」※3において標準でサポートされ、利用環境がさらに広がりました。ムービーファイルを静止画ファイルと同じようにサムネイル表示したり、Windows Media Playerによるダイレクト再生、Windows Live ムービーメーカー※4を使用しての編集、デバイスステージへの対応などにより、パソコン上での取り扱いがより快適で便利になりました。

※3
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
※4
Microsoft社のホームページからダウンロードしていただくことにより利用可能です。

2.遠景もらくらくズームアップ 新開発12倍 「ダブルレンジズーム」※2 機能

 ムービー撮影時のズーム機能に、新開発の12倍「ダブルレンジズーム」機能を搭載。本機能は2種類のズーム比を持つレンズを交換するように、異なるズーミング領域をボタンで切り替えることで、より広い領域での撮影を可能にしました。これにより35mm フィルム換算で広角40mmから、最大12倍の480mm望遠撮影まで対応しているので、遠景もらくらくズームアップすることが可能です。
3.いつでも手軽に使えるコンパクト&スタイリッシュスリムボディ

 一般的なビデオカメラの使用用途がイベント撮影中心であるのに対し、Xactiシリーズは、日常の出来事を手軽に記録するツールというコンセプトのもと、いつでも持ち歩けて使えるコンパクト性を追求した商品開発を進めてまいりました。本製品では、小型化と使いやすさを両立する独自の新エルゴノミクスデザインをベースに、ラウンドフォルムによるグリップ時のフィット感を大切にしたデザインを追及しました。
4.その他の特長

* パソコンなしに撮影データを簡単保存「Xactiライブラリー機能」
 本体を直接テレビと市販の外付けハードディスクドライブに接続するだけで、ムービーや写真データの保存や再生が簡単にできる機能です。
* 16GBメモリーを内蔵。
* ムービー機能:「手ぶれ補正機能」※5「顔検出追尾機能」※6
* 写真機能:「新・手ぶれ補正機能」※5「顔検出追尾機能」※6「色検出追尾機能」※6※7
* シャッターチャンスに強い「リバース連写機能」
* 撮影データのパソコンへの自動送信、保存が可能な「Eye‐Fi連動機能」※8搭載。
* 大容量記録メディアSDXCメモリーカードに対応。

※5
シャッター速度が遅い場合やぶれの度合いが大きい場合、補正できないことがあります。
※6
被写体や撮影条件によっては、思い通りに検出できない場合があります。
※7
本機能は、和歌山大学のK-Meansトラッカー技術を参考に独自で開発を行いました。
※8
Eye-Fi ShareカードおよびEye-Fi Share Videoカードは別売品となります。
Eye-Fi Share Videoカードにおける転送可能な動画ファイルサイズは、2GBまでです。
Eye-Fi連動機能は、カードの仕様変更などにより、将来にわたって動作を保証するものではありません。

SANYO トップクラス※1 の小型・軽量・スリムボディーで撮影シーンを広げるデュアルカメラ「Xacti」

トップクラス※1 の小型・軽量・スリムボディーで撮影シーンを広げるデュアルカメラ「Xacti」
トップクラス※1「35mm広角&30倍ズーム※2」搭載のスリムフルハイビジョン※3 カメラ

100127-1-a.jpg
リリース情報はこちら
品名:デジタルムービーカメラ
品番:DMX-SH11
カラー:ブラック(K) レッド(R)
愛称:[ザクティ]
 三洋電機は、一台でムービーと写真撮影が可能なデュアルカメラコンセプトをベースに、コンパクトで広角から望遠まで広い範囲で撮影可能なフルハイビジョン対応のデジタルムービーカメラ「DMX-SH11」を2010年2月下旬より発売いたします。
 Xactiシリーズは、イベント記録だけでなく、普段から手軽に持ち歩けて、ムービーも写真も自由に撮影できるカメラの提案により、より楽しいビデオライフの創出を目指してまいりました。また、単なる撮影・観賞・保存のためのツールとしてではなく、撮影後のテレビでの観賞をはじめ、ネットやパソコン環境での取り扱いに便利なムービーフォーマットの採用により、Webでの動画配信、共有サービスなどの利用に便利な商品として、撮影後の新しい楽しみ方も同時に提案し、市場で高い評価をいただいております。
 このたび、携帯性を重視しつつ35mm広角と30倍高倍率ズームへの対応により、イベントをはじめ日常 シーンでフルハイビジョンムービーを幅広くご利用いただけるスリムタイプの「Xacti」を提案いたします。
特長
* トップクラス※1 「35mm広角&30倍ズーム※2」で撮影範囲が広がる
* トップクラス※1 小型・軽量・スリムボディーで撮影チャンスが大きく広がる
* フルハイビジョンムービーがキレイに撮れて、撮影後も手軽に利用可能
※1
民生用フルハイビジョンビデオカメラにおいて。 2010年2月下旬発売(予定)
※2
ムービー撮影時、「アドバンストズーム」において。
※3
当社のデジタルムービーカメラにおける「フルハイビジョン」とは、水平1920×垂直1080画素での記録を表しています。

Ⅰ.概要

 国内におけるビデオカメラ市場は、2008年度:約160万台、2009年度微増といった状況が続く中、ハイビジョンモデルの構成比は、2008年度:約70%、2009年度:約90%(いずれも当社予測)と大幅な伸びが見込まれます。
 過去Xactiシリーズは、「いつでも・どこでも使え、撮影後も楽しさが広がるムービーカメラ」のコンセプトをベースに商品開発に取り組んでまいりました。一般的なビデオカメラの主な使用目的であるイベント記録に対し、より携帯性を重視したコンパクトサイズやパソコンやネット環境と高い親和性を持つムービーフォーマットの採用により、撮った後の楽しみ方も含め日常的にご使用いただけるムービーカメラの提案を行っております。
 今回、お客様の要望が高かったムービー撮影時における広角対応とズームの高倍率化をスリムで軽量な横型ボディーに搭載したフルハイビジョン・デュアルカメラ Xacti 「DMX-SH11」を発売致します。

II.特長
1.トップクラス※1 「広角35mm&30倍ズーム※2」で撮影範囲が広がる

 ムービーのズーム機能に、当社独自技術の「アドバンストズーム」を採用しました。この機能は、イメージセンサ上における動画撮像エリアを、フルハイビジョン画像領域である約200万画素から約350万画素に拡大させ、画素を有効に利用することで業界トップクラスの35mm(35mmフィルム換算)広角撮影から、30倍ズームで1050mmまで対応。広角側のワイド化と高倍率の望遠性能を両立させることで、近くから遠い被写体まで広い領域で撮影が可能です。
2.トップクラス※1 の小型・軽量・スリムボディーで撮影チャンスが大きく広がる

 Xactiシリーズは、日常の出来事を手軽に記録するツールというコンセプトをベースに、いつでも持ち歩けて使用できるコンパクト性を重視した商品開発を進めてまいりました。
 本製品は、体積:約190cc、質量:約204g、薄さ:約43mmというフルハイビジョンモデルでトップクラスの小型化を実現。携帯性に優れムービーカメラの利用シーンが大きく広がります。

 また、使いやすさへの配慮として、当社独自の「ダブルサブRECボタン」を採用。通常の録画ボタンに加え、本体上面前部にムービーと写真撮影用の録画ボタンをそれぞれ設けることにより、ローアングル撮影時でも楽な姿勢で撮影を行うことが可能です。お子様やペットと同じ視点での撮影が楽にでき、普段の視点とは違った世界を記録することが可能です。
3.フルハイビジョンムービーがキレイに撮れて、撮影後も手軽に利用可能

 コンパクトなボディーでありながら、1920×1080画素のフルハイビジョンムービー撮影が可能です。ムー ビーフォーマットには、静止画と同じ1ファイル形式でパソコンやネット環境で使いやすい「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。
 本フォーマットは、昨年発売された最新Windows® OS「Windows 7」※4において標準でサポートされ、さらに利用環境が広がりました。ムービーファイルを静止画ファイルと同じようにサムネイル表示したり、Windows Media Playerによるダイレクト再生、Windows Live ムービーメーカー※5を使用しての編集、デバイスステージへの対応などにより、パソコン上での取り扱いがより快適で便利になりました。

※4
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
※5
Microsoft社のホームページからダウンロードしていただくことにより利用可能です。

4.その他の特長

* シーンに応じて音声をクリアに記録できる「サウンドズーム」機能
 撮影シーンや目的に応じて音声をクリアに記録できる3つのマイクモードを搭載しました。
 (1)ワイドモード:高いチャンネルセパレーションを有するステレオ録音
 (2)ガンマイクモード:正面以外の音を低減し、正面の音を強調録音
 (3)ズーム連動モード:映像のズーム情報に合わせ、指向性・収音方法を自動的に変更
* 撮影データをパソコンなしに簡単保存「Xactiライブラリー機能」
 本体を直接テレビと市販の外付けハードディスクドライブに接続するだけで、ムービーや写真データの保存や再生が簡単にできる機能です。
* 16GBメモリーを内蔵。
* 「スローモーションムービー」が楽しめる "高速度撮影機能" 搭載。
* ムービー機能:「手ぶれ補正機能」※7「顔検出追尾機能」※8
* 写真機能:「新・手ぶれ補正機能」※7「顔検出追尾機能」※8「色検出追尾機能」※8※9
* 400万画素と高精細1000万画素写真撮影※10に対応。
* シャッターチャンスに強い「リバース連写機能」
* 撮影データのパソコンへの自動送信、保存が可能な「Eye‐Fi連動機能」※11搭載。
* 大容量記憶メディアSDXCメモリーカードに対応。

※7
シャッター速度が遅い場合やぶれの度合いが大きい場合、補正できないことがあります。
※8
被写体や撮影条件によっては、思い通りに検出できない場合があります。
※9
本機能は、和歌山大学のK-Meansトラッカー技術を参考に独自で開発を行いました。
※10
イメージセンサから取り込んだ約400万画素の情報を、1000万画素相当に画素補間し画像を生成・記録します。
※11
Eye-Fi ShareカードおよびEye-Fi Share Videoカードは別売品となります。
Eye-Fi Share Videoカードにおける転送可能な動画ファイルサイズは2GBまでです。
Eye-Fi連動機能は、カードの仕様変更などにより、将来にわたって動作を保証するものではありません。

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エコぞう

Author:エコぞう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。